おしゃれベッド 通販|ベッドルームのおしゃれなインテリア

ローベッド、フロアベッド、収納ベッド、すのこベッド…どんなお部屋にも合わせやすいおしゃれなベッドを取り揃えました。

*

室内の熱中症に注意しましょう~夏用寝具の利用もおすすめです

夏に気を付けたい病のひとつに熱中症があげられます。
熱中症は、暑い7月・8月の炎天下でのみ起きるものではなく、気温が上がり始める5月頃から注意が必要です。

熱中症とは

熱中症とは、熱失神や熱疲労、熱射病など、暑い環境の下で身体に生じる病気の総称です。
分類と症状をまとめると下記のようになります。

  1. Ⅰ度(軽症)
    • 熱痙攣
      大量に汗をかいたとき、水だけを補給すると血中の塩分濃度が低下してしまい、筋肉に痛みを伴った痙攣を起こす場合があります。
    • 熱失神
      暑い環境の下で活動した場合、皮膚の血管の拡張によって血圧が低下して脳の血流が減少し、めまい、立ちくらみ、頭痛、失神…などの症状が見られます。
  2. Ⅱ度(中等症)
    • 熱疲労
      大量の汗をかいて水分の補給を怠ると脱水症状を起こし、めまい、頭痛、嘔吐、脈が早い、強い疲労感…などの症状が見られます。
  3. Ⅲ度(重症)
    • 熱射病(日射病)
      体温の上昇により中枢神経機能に異常が現れ、意識障害、手足の運動障害、高体温などで、重症で死亡にもつながる最も危険なものです。

熱中症は室内で発症する場合が多い

熱中症といえば、太陽がギラギラした暑い外で発症するイメージがありますが、実は、高温、多湿、風が無い場所で起こりやすいため、室内でも大変多く見られ、緊急搬送されています。
自宅にいると安心感があり、ここで熱中症にかかるとは考えることも少なく、過度な節電をしてしまったり、水分補給に気をつけたりという意識も少なくなってしまいます。また、高齢になると温度に対する感覚が弱くなってしまうため、特に注意が必要です。
室内ではⅡ度以上となる場合が多い傾向にあります。

枕元で水分補給

熱中症計や接触冷感寝具を利用し、過度な節電は控えましょう

室内での熱中症を予防するため、温度や湿度が一目でわかるように熱中症計等を設置することもおススメです。のどがかわいたと感じなくても、定期的にこまめに水分を補給することも大切です。
節電することも大切ですが、過度な節電で体を壊してしまっては大変です。無理をせず、エアコンも上手に使用するようにしましょう。
暑さによる睡眠不足等で体力が落ちてしまうと、より熱中症にかかりやすくなってしまいます。夏でも快眠し、十分睡眠がとれるように、夏専用の接触冷感寝具の利用は大変おススメです。

  関連記事

接触冷感夏用敷きパッド5カラー
寝具のカラー選び

寝具によってはカラーが豊富なものがあり、 何色にしようか迷ってしまうこともあります。 お部屋の雰囲気に合わせて決めたり、 好きな色で決めたり、基準はいろいろだと思います。 寝具によく使われるカラーとイ …

夏用寝具アウトラスト
夏用寝具に使用されるアウトラストとは

夏の寝具の定番となったアウトラストとは アウトラストは‘暑い’や‘寒い’を“ちょうどいい”にしてくれる温度調節素材です。 人が快適と感じるちょうどよい皮膚表面温度は31~33℃と言われています。 アウ …

夏用敷きパッド
寝具の敷き順Q&A

布団の敷き順についてのよくあるご質問にお答えします。 ベッドマットレスの上に敷き布団は敷きますか? ベッドを使用する場合、マットレスの上に更に敷き布団を使用していませんか? マットレスを使用する場合、 …

質のよい睡眠のために枕に注目!~暑い夏は夏用枕パッドがおすすめ

生活の1/3を占めている睡眠は健康の基本です。 睡眠時間が不足しまっては、残りの起きている時間に支障をきたしてしまいますが、時間だけでなく、その質にもこだわりたいです。 枕の役割 睡眠の質を左右するも …