おしゃれベッド 通販|ベッドルームのおしゃれなインテリア

ローベッド、フロアベッド、収納ベッド、すのこベッド…どんなお部屋にも合わせやすいおしゃれなベッドを取り揃えました。

*

ベッド周りのダニ対策。一年中対策できるやさしいダニ取りシートがおすすめ

ベッド周りは最もダニが発生しやすい場所のひとつです。梅雨時期には、ダニは300倍にもなってしまうので、特に梅雨前にはベッド周りのダニ対策を忘れないようにしましょう。おすすめは一年中ダニ対策できる「やさしいダニ取りシート」です。

おすすめやさしいダニ取りシートPREMIUM (誘引剤2倍) 5枚入り 【日本製】やさしいダニ取りシートPREMIUM

ダニのいない家はない

どんなに美しく素敵なおウチでも、ダニは必ず棲んでいると言っても過言ではありません。
ダニはとても多くの種類が確認されています。家の中に住んでいるダニは「チリダニ」といわれるものがほとんどで、中でもその9割程は「コナヒョウヒダニ」と「ヤケヒョウヒダニ」です。
ダニは、ある環境になるととても発生しやすくなります。

ダニが発生しやすい環境

発生しやすい温度は20~30℃、湿度は60%以上。
フケ、垢、埃、塵、食べ物のカス等をエサに、カーペット、ソファー、クッション、ぬいぐるみ等に多く発生しますが、特に気を付けたいのが、1日の1/3の間使用している「ベッド周り」です。布団や枕には多くのダニが確認できます。

梅雨の時期、ダニは300倍に

私は病院でダニアレルギーと診断され、布団は清潔にしましょうと言われます。
梅雨時期になると、家の中に棲んでいるダニは卵をたくさん産み始めるのですが、この卵が全部かえると、2か月後にはなんと家の中のダニは300倍にもなってしまうのです!今10匹でおさまっているダニは3,000匹に、100匹いれば30,000匹にもなってしまいます!
想像しただけでも、アレルギーで肌がボコボコになりそうです。

特にベッド周りのダニ対策は梅雨前に

梅雨前は、冬に大活躍していた厚手の布団はそろそろ押入れの奥等にしまわれる時期です。しまう布団も夏に向かって活躍する布団も、ベッドやベッド周りのダニは梅雨前に退治していきたいところです。

ダニの苦手な環境

ダニはおよそ55℃の環境に20分いると死滅し、湿度45%以下のところでは生きられないといわれています。

あまり有効ではないダニ対策

布団は天日干しにしましょうといわれますが、ダニ対策としては完全ではありません。
晴れた日に天日干しした布団は、その表面温度は50~60℃になりますが、ダニは温度の上がりきっていない布団の裏側に逃げてしまいます。全く意味がないということではなく、湿気を減らしたり殺菌効果等も期待できるので、裏表を干してダニの増殖を抑えるには効果的と思われます。
また、裏側に逃げたダニを払い落そうと布団を叩くと飛び散ったダニの死骸や糞がアレルギーの原因となってしまうことがあるので、避けた方が良いようです。

水に浸ければ息が出来ないダニは死滅するだろうと思われがちですが、一週間水に浸けていても死なないようです。水洗いすれば死骸や糞は流されますが、成虫は難しいようです。

有効と思われるダニ対策

乾燥機やスチームアイロン

ダニは55℃20分で死滅し、湿度45%以下では生きらないといわれているので、布団乾燥機や除湿器の使用はダニ対策に効果が期待できそうです。
また、スチームアイロンの使用はダニ対策におススメのようです。布団に当て布をしてさっとかけるだけで中の方まで熱い蒸気が届くため、短時間でダニを死滅させることができます。
このような方法でダニ対策をしたあと、死骸や糞はまだ残ったままでは意味がないので、必ず掃除機で死骸等を吸い取るようにしましょう。
布団クリーナー
最近では布団専用のクリーナーが注目されていて、先駆けのレイコップ以外にもいろいろな種類のものが販売されています。値段もお手頃なものがあるので、是非比較して上手に使用したいです。

枕の下にバスタオルを敷く

ダニはフケが大好きなので、枕周りはダニの温床になりやすいです。
枕の下にバスタオルを敷いて、毎日取り替えて洗濯、乾燥機にかければダニ対策に効果的といわれています。
特別なものを使用するわけではなく、手軽にできるので良いですね。

おすすめのダニ対策はやさしいダニ取りシートPREMIUM

気になるところにサッと置くだけの「やさしいダニ取りシートPREMIUM」が1番のおすすめです。


使用開始日を記入した日付シートをダニ取りシートに貼って→→→布団の下に設置→→→3ヶ月経ったら捨てる

赤ちゃんにもやさしく安心の日本製です。
こまめにお手入れをしつつ、このようなダニ対策アイテムを併用するとより効果が期待できそうです。

 
 
こちらの記事もおすすめです。

  関連記事

夏のベッドルームに扇風機
夏に適した寝室環境

一日24時間の1/3の時間を費やしている睡眠。睡眠時間や睡眠の質は、残りの起きている2/3の時間に大きな影響を与えています。起きている時間が良い時間であるために、質の良い睡眠をとっておきたいです。 夏 …

ウォルナットブラウンのベッド
木目と色合いが美しいウォールナットブラウンのベッド7選

木目と色合いが美しいウォルナットブラウン。そのカラーはベッドでも人気で、いろいろなテイストのベッドルームにしっくりとなじみます。落ち着いた色味でインテリアもおしゃれに。心身ともにリラックスできるベッド …

親子ベッド すのこタイプ
注目!人気!おすすめの親子ベッド

兄弟姉妹の子供部屋に二段ベッドを考える方も多いはず。通常の二段ベッドは上段が高く、布団を整えたり干すのに下したりが思いのほか大変です。汗をいっぱいかく子供のシーツも頻繁に交換したいですね。今、そのデメ …

すのこベッド
おしゃれなインテリアにおすすめの すのこベッド選び

多くの種類のベッドの中から「すのこベッド」を選んだ理由は、 1.カビ対策として 2.布団が敷けるから ・・・という方が多いと思います。 すのこベッドを選べば完璧という事はありませんが、 すのこベッドに …

フロアベッド シンプルベッドのサイズ
ベッドサイズ 比較

ベッドの大きさはレイアウトを考える際にとても重要です。 幅や長さが1cmや2cm違うだけでその場所に置けたり置けなかったり、ドアが開けられなかったりします。 また、高すぎるベッドは窓を邪魔してしまうか …

畳が恋しいなら畳ベッドが手軽でおすすめです
畳で寝るのが好きだけど畳部屋がないなら畳ベッドがおすすめ

日本人の心をなごませ、どこか懐かしい気持ちになる畳部屋。部屋数の少ない家や一人暮らしの家では、和室がない場合が多く、なおさら畳が恋しくなってしまいます。畳に布団を敷いて寝ると安心して落ち着いてゆっくり …

男性におすすめのカッコいいベッド
男性におすすめ!メンズベッド厳選14台

こちらでは男性におすすめのベッドをご紹介します。特に一人暮らしではベッドは家のメイン家具になり、インテリアとしても重要なのでカッコいいメンズベッドを選びたいです。ベッドの上でゆっくり過ごしたい方や彼女 …

白いベッド
白いベッド。広く清潔なホワイトのベッドルーム

白いベッドはお部屋を広く清潔に見せてくれます。 占有率の高いベッドはお部屋の印象を左右するため、インテリアにこだわりのあるならフレーム選びも重要。白いベッドはコーディネートしやすく多くのインテリアテイ …

ラグジュアリー 高級ベッド
ラグジュアリーなベッド – 高級ベッドで作るワンアップのベッドルーム

高級ホテルのようなベッドルーム。ずっとそこにいたくなるような空間で贅沢な休日が楽しめます。 高級感のあるベッドを選んで、ゆったりと過ごせるラグジュアリーなベッドルームを。 ワンサイズ上のベッドを選ぶの …

布団が敷けるベッド
布団が敷けるベッド。布団の下が収納スペースに!

「布団の寝心地は変えたくないけれど、寝床の下を有効に使えるベッドも利用したい」… そんなときは、布団が敷けるベッドがおすすめです。 多くのベッドは荷重を分散してくれるスプリングマットレスを敷く前提での …